KENEDIX

文字の大きさ

03-6634-0101

KDEに期待される役割

 ケネディクス・エンジニアリング株式会社(KDE)は、ケネディクスグループの中で最もチャレンジングな役割を期待される会社です。

 KDEは、三井住友ファイナンス&リース株式会社グループの不動産アセット・マネジメント会社であるケネディクス株式会社〈AM〉を母体とした、ケネディクス・プロパティ・デザイン株式会社〈PM〉の工事専門会社として事業を展開しています。これにより、ケネディクスグループでは、PM事業においてソフトとハードの両面を補完し合うワンストップ体制を整えています。KDEの大きな強みは、改修・改善からリノベーションまでの工事を、AM・PM目線によって全面的にカバーできることです。

 不動産及び建築市場は、働き方や人の流動性、人口動態、環境対策、生活様式の変化等による物流改革等、社会のあらゆる変革に常に対応しています。

その中にあってKDEは、グループ内唯一の工事会社として “ケネディクスクオリティ” を旗印として掲げておりますが、その理念には、不動産価値をよりチャレンジングに創造する強い意志が込められています。

シナジーから新たなステージへ

 現在、KDEでは受注の多くをグループ内の保有物件が占めています。グループ各社とのシナジーにより安定的な収益を確保し、企業基盤を確固たるものにしてきました。

 受注案件はオフィスビルに止まらず、商業、住宅、物流施設などへと事業領域を拡大しています。これらの多用途に亘る工事への積極的な参画により進化を続けており、ステークホルダーのみなさまからも、ニーズに適切に応える提案力に対して高い評価をいただいています。今後は、グループ外の工事受注の拡大にも積極的に取り組んでいきます。

 また、ケネディクスグループでは不動産における各種環境認証・評価の取得を推進していますが、KDEはその技術面において、不動産を経済性だけでなく「環境・社会への配慮」という視点からも捉え、高付加価値化を追求していく施策にも取り組んでいます。

 KDEは、これらの諸施策や戦略をハイレベルに複合させながら不動産価値の最大化を目指して、新たなステージへとステップアップして参ります。

今後のKDEにどうぞご期待ください。

ケネディクス・エンジニアリング株式会社
代表取締役  下堂前 史彦