KENEDIX

文字の大きさ

03-6634-0101

2016年1月 外構植栽状況のお知らせ

2016/02/03

各物件の植栽管理を実施致しました。いくつかの物件につきまして近況をご報告いたします。

今年は暖冬によって、各物件で例年とは異なる変化が起きています。

 

各物件において季節外れの開花を確認しました。

・KDX晴海ビル

201601harumi-1 201601harumi-2

ラベンダー、ローズマリーが開花

 

・フレーム神南坂

1601frame-01 1601frame-02 1601frame-03

ハツユキカヅラが紅葉中、ローズマリー、ツルニチニチソウが開花

 

・KDX御茶ノ水ビル

例年よりイチョウの落葉が遅く、今月の管理の際にようやく落葉が始まったことを確認しました。KDX御茶ノ水ビルのイチョウは、四季の移ろいを感じさせてくれる素敵な街路樹となっています。

1612ochanomizu-01 1601ochanomizu-02

2015年12月管理時写真

 

1601ochanomizu-03 1601ochanomizu-04

2016年1月落葉を確認 清掃作業前・作業後

 

・KDX門前仲町ビル

アジサイの葉が黄変または褐色したまま、落葉していませんでした。気温が上昇すると新芽が出てきてしまうため、人為的にすべての葉を落とすことで、休眠へ近づくよう誘導し、暖冬中に新芽が動き出さないようにしました。冬の急な寒さによる枯れを防ぐためです。

1601monzennakacyo-01 1601monzennakacho-02

葉を除去 作業前・作業後

 

その他の植物は生育良好な状態です。

1601monzennakacho-03

 

・KDX池袋ビル

サツキツツジやトキワマンサクには新芽、フッキソウには蕾がついていることを確認しました。ハナミズキは、暖冬によって春に出るべき新芽が既に伸びていましたが、遅れてきた寒波により枯れてしまいました。

1601ikebukuro-02 1601ikebukuro-03 1601ikebukuro-01

トキワマンサク・フッキソウ・ハナミズキ

 

暖冬によって植物にどのような影響を残すのか、今後管理を通して経過観察を行う予定です。

 

・KDX芝大門ビル

ムクゲは落葉し、冬の景色を作り出していました。カラタチバナは結実しています。

1601shibadaimon-01 1601shibadaimon-02

 

・KDX池尻大橋ビル

年間を通して整った印象を与える植栽管理を行っています。グロボーサの枝葉の透かし剪定を実施しました。枝透かし剪定は形状を整えるだけでなく、風通しを良くし、植物の内側まで日光が届くようにするため、害虫発生の予防につながり、生育環境を良好に保ちます。

1601ikejirioohashi-02 1601ikejirioohashi-03 1601ikejirioohashi-01

グロボーサの剪定前・剪定後・現況